みんなの生活を変える双龍門について

我々の双龍門はどんなことをしているのでしょうか?

みなさんは双龍門に対して色々なイメージを持っていらっしゃるでしょうし 印象もそれぞれ違うんだと私も理解してはいます。 一口に双龍門と言われてもなんかよくわからない。 それぞれがそれぞれの見方を持っていらっしゃるのだと思いますね。

ひとつは占術を非常にやっているところで、あそこは占術がメインで占術については非常に やっている、 という風に見ていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうね。 特に推命とか風水とかね、そういうところで上手く行っていると、かなりいいことやってく れるぞ、 という印象を持っている方はかなりいらっしゃるだろうね、ということですね。

もうひとつの特色は中国医術ですね。こちらの方が馴染みあるかも知れませんね。 西洋医学では全然治せないようなものであったり、 いやこれはもう難病だから無理だよって拒否された方とか なんとか自分の命を永らえるにはどうしたらいいか 藁をもすがる想いで来られる方も大勢いらっしゃいますし なんとか自分の生活習慣を変えて自分なりに正しい人生を送りたい、という方もいらっしゃ いますしね。 そういったところで色々と変わったところがあるとは思います。

東洋医術と西洋医学について

医術について言えば中国医術ですよね。 だからその点で言うと今までの西洋医学では考えられなかったようなところの視点から見て いくわけですね。 その代表的なところは、中国医術ではバランスを大事にしますね。 それぞれの臓器と臓器の間のバランスを非常に重視してバランスから見ていくような感じで すね。 ただ西洋医学の場合はどうなのっていったら、西洋医学は完全に相手と自分とかある。 相手が悪くて自分は正しいんだと。 というところから論理を組み立てますから当然ウィルスだとか細菌だとかっていう敵を必要 とするわけです。 敵がいるっていうことは必ずそれを叩き潰して、それでよくなるんだという形になるんです けど、 これだと体力が弱っている方は難しいんですね。 体力のある方には非常にいいかも知れませんね。 パパン!と叩いてサッパリする、という点では非常にやりやすいことなのかなと思うんです けれど、 ただね、相手がハッキリしない、体の中の仕組みとバランスが崩れて それによって引き起こされる病気だったりなんかしてウィルスだとか細菌だとかが見つけられない、身体の不調はずっと続く、 こういった場合にね、難しくなっちゃうんですよね。

どうして難しくなるかというと、バランスを取るという考え方が無いですから 相手がいないんでそれをどうしていいかわからなくなっちゃうんですね。 で、取り除くということはしっかりできるんだけど「補う」「支える」っていうことが中々 難しいわけです。 バランスを取っていくという考え方だとすると当然両方あるわけですよね。 減らすものもあるから取り除くものも必要。 でも取り除くのがあれば、要するに足りなくなっているところもあるから 足りなくなっているところに対して補うっていうことも必要になるのでその点を含めていっ たら 間違い無く両方なくては出来なくなるので「補うもの」と「取り除くもの」このバランスが 大事になってくるわけですね。 これが大体発生するわけですよ。 西洋医学には無い視点で看るとなると本当にどこが足りなくてどこが補うかという、そうい う見方になりますよね。 それと臓器と臓器との間のバランスということも関わってくるのでそこのところが重要なわ けですよね。

占術と医術はもともと同じ世界だった!!??

でもこの考え方というのが医学「だけ」っていう縦割りのような考え方ではないんです。 ここが特徴ですよね。 これがそのまんま結局言えるのは占術でもこれ使っているんですね。 だから家の中のところでここが酷くバランスが悪いんだ、と そうしたらそこを、悪いところを正して均衡を保てるようにしていく、足りなかったら足していく そのかわりそこがどうしても上手くいかないぐらい邪が溜まっている、 そうしたらこの邪を取り除いていく。 こういうことをやるのが風水ですね。 だから風水を改善した結果病気が治っちゃった、これもアリなんですよね。 そういうところが多分わかんないのかもしれないですけどね。 ちょっとね、占術を使って病気治し、そんなことはどこもやっていないかも知れませんね。 同じことが推命にも言えますね。 人生を生きていく上でその人の生年月日と産まれた時間から出していって その人のエネルギーの断片を看て、あなたの歩んでいく人生の傾向を出します。 その傾向にやっぱり偏りが出るんですよね。 この偏りをバランスを整えてやっていくことで治していきます。 これが非常に重要だと思いますね。

それが日本に在っては全てGHQによって壊されてしまったので中々残っていないです。 免許制度っていうのは出来る人は潰されて出来ない人が優遇されるっていうことが多いので あまり良いことではないと思うんです。 それで免許取ったけどじゃあ実際に治せるの?実際にこれでやっていけるの?っていった時 に全然役に立たない、っていうのが多いんですね。なぜかというと『仁』の心が抜け落ちてしまったからです。自分より近くの他人を思いやる心が大事なんです。 だからこの点は見直すべきだなと思います。 もうちょっとしっかり私学が伝統的に受け継がれていくような環境を作るべきだとは思って います。しっかりとした人間関係に基づいて実践的な技術や技能を身に着ける為の環境作りがとても大切だと思います。 その為にも我々はがんばる訳ですね。実際に目の前で他人が倒れている状況で、資格はあるけど咄嗟に助けるだけの技能や技術がない、道具立がないと全く無力でできない、救急車やドクターヘリが来れない状況でもちゃんとした対処ができる人を育てる、これが双龍門の使命だと考えています。

その中で大事になってくるのが私学を支え実際の生きていくための手段として占術を学び、 更に医術を駆使して、という風にして社会に貢献していった方がより楽しいわけで そういう社会貢献をしていこうじゃないか、っていうことのために双龍門はあるわけです。

双龍門の哲学とは??!!

その中に一番重要な根幹になるもの、双龍門の魂である精神、これを学んでいこうというの があるんです。 ここのところが哲学の部分なんですね。我々のね。 我々の哲学の大きな柱は、1つは仏教からの精神ですね。慈悲の心。ここが大事。 もうひとつは道教とか古神道とかそういったものですね。それの中にある無為自然という考 え方。 つまり自然のままにありのままにということを学んでいく精神です。 慈悲は人に対して慈悲を与えていくわけだから慈しみを持ち、 大事ですあなたが居て欲しいんですという気持ちを伝える。 そのために私ができることを教えてください、ということですね。 それと生活態度生活習慣、これを変えていかないといけないですね。 みんなが仲良くということですから。 欧米の考え方、これでいくと相手をなぎ倒して相手をやっつけて、っていうのが大体なんで すよ。 全て征服するもの、叩き潰すもの。 で、自分は正義で相手が悪でっていう勧善懲悪になるんですけどこれはマズいんですよね。 仲良くっていうわけにはいかないですからね。

ここをやめて、みんなが調和してみんなが仲良くなる方法を考える。 それにはある程度礼儀とか作法とか必要なんですよね。 こういった礼儀作法を学びながらみんなが仲良くしていくには、 みんなが食べていかないといけないからそれにはどうしたらいいか?

こういうところをよくよく考えて突き詰めていったら儒教の四書五経の精神、この考え方と それから仏教の慈悲もしくはそれに繋がるものですね。諸行無常の部分ですね。そこを学びながら道教とか古神道の無為自然の考え方、そのままでいい、という考え方 これを入れていくことなんです。 こうやって話すと、宗教じゃないか!ってなるんですけど宗教のいいとこ取りなんです。 宗教否定はしないんですけど。 宗教の中でも良い所はあるので、良い所を全部取ってそれを私たちは活用させて頂く。よく「宗教は古臭いし、人心を惑わす怖い詐欺のようなもの」と思われている方もいらしゃいますよね。でも今まで多くの方が信じてきているのにはきっと良いところがあるからなんだと思うんですよ。我々は皆sんに宗教を盲信しろとは言っていませんよ。 だから良い所を取って活用させて頂いてその結果みんなが仲良く生きていけるようにするっ ていうことです。

その手段としては農耕をしましょう、と。 畑を耕して、額に汗をして、作物を獲って、という形ですね。 そういう形を取っていくのが一番重要なんじゃないかと私は思います。 そういう意味でウチの、双龍門の3つの柱、 哲学の部分では実践の哲学として農業をするようなことと 一生懸命みんなで考えてみんなが仲良くなるようにするにはどうするか みんなが仲良く暮らしていくにはどうするか、これを考えていく姿勢を持ってこれをモット ーとします。 そして占術で自分のクセ、或いは周りの困りごとに対しての答えを出してあげる。 そういう意味での人生のお手伝いをさせて下さい。 風水でお困りの事だったら、その風水を立て直すことであなたの人生が良くなるようにさせ て頂きます。 そういうことですね。 そして医術の分では、病気で困るのは嫌ですから病気を克服するためにはどうするのかとい うことで より自然な治療法を提案してこれで実践させていただいております。 そういうことですね。

以上が簡単ですけど双龍門のご案内とさせて頂きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする